2013年01月02日

自分発見瞑想

自分発見瞑想



自分のやりたいことがわからない
病気でもないのに体がダルいという「何となくの不安」を解消するセラピーです・


あおむけになり、リラックスしてから、体を「あるがまま」に観ていきます。

ただ、ポカンと何もしないでいると、私たちは体の中が何かうごめいている様々な感覚が出てきます。
それは、あたかも「自分自身」が何かを訴えかけてくるようです。

たとえば、手が何かをつかみたそうに曲がっていたり、まるで高いところにでもいるかのように首に力が入っていたり、むずがる子供のように体のあちこちに違和感が出てきたりします。

また、ふと注意が肉体から離れ、雑念がわいてきたり、急にしなければならない用事を思い出したりすることも多々あるでしょう。

でも、何かをしようとはしないでただそれを「観る」ことがこのセラピーのポイント。


気が散ったら、ただ、気が散っているなあ、と確認し、体がムズムズすれば、今、ムズムズしているなあ、と確認するだけ。
集中しなきゃという考えかがきても集中しなきやと考えているこ確認するだけ。

そうこうするうちに、とらわれない境地に何となくたどり着きます。

ただ観ているだけ。圧倒的な静寂がやってきます。そこを目指しましょう。

何度か繰り返していると、静寂の中から自分の未来や気持ちが沸き上がってきます。

様々な瞑想法は無料占いを申し込まれると無料メルマガでお届けします。
星の伝言占いサービス

posted by トラウマセラピー at 14:00| Comment(0) | ヤル気セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。