2013年01月10日

記憶力を高めたい スポーツでの集中力を養いたい

記憶力を高めたい
スポーツでの集中力を養いたい


イスに座るか、正座をするかして姿勢を正す。
目を閉じて白いい光の玉をイメージする。
目の前でもよいし、額のところでもよいし、鼻先でもよいです。

それを、「見えるまで」続けます。
「見ようとする」ことが大事です。
「見よう」という強い意思さえあれば、あなたはやがて変性意識状態に入ることができます。

つまり、「白い光を見る」のが重要ではなく、それを見ようとするプロセスに没入することが
大切なのです。

まず目的があり、そして手段がある、というのは世の常識ですが、この作業に関しては別物です。
この作業では、手段が目的であり、目的が手段なのです。

あなたが、白い光を見るんだという目的を忘れた時に、白い光が現れます。

白い光がどうしても見えない場合、どうしても見たい場合の方法です。

残像現象を利用します。

真っ赤なものと真っ白なものを用意します。

真っ白なものはコピー用紙などで良いでしょう。

コピー用紙の上に、真っ赤なものを乗せて、しばらくその真っ赤なものを
見続けます。

20秒ほど集中して見続け、目をとじると、まぶたの奥にその形が現れます。

現れたその形を「固定」しようと努力します。

やがて固定されたとき、あなたの心は強い集中の状態になっています。

様々な瞑想法は無料占いを申し込まれると無料メルマガでお届けします。
星の伝言占いサービス


posted by トラウマセラピー at 00:00| Comment(0) | ヤル気セラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。